エスジーシステムの土質試験サービスエスジーシステムの土質試験サービス

まずは価格表をご確認の上、
お見積りをご依頼ください。

価格表価格表
0857-36-9977
営業時間:8時~18時 ※土日休業
今すぐお見積り今すぐお見積り

このような方々におすすめです

  • どの試験をすれば設計書に書いてある値を管理できるかわからない・・・
  • 単価が分かりづらく予算が立てづらい・・・
  • 土質調査の専門的な知識はないが、交渉する上での対応力が求められる・・・

ご安心ください!
エスジーシステムは、そんな皆様のために
土質試験サービスを行っています。

これまで建設コンサルタント様や土木施工業者様、設計事務所(構造設計)様、
大学などの研究施設様など、様々な業界の方々にご利用頂いています。

エスジーシステムの
土質試験サービス

土質試験とは、土の性質や強度などを確認する試験の総称です。室内で行う試験のため、室内土質試験とも言います。
土質試験には大きく分けて土の比重や粒径構成などの物理的特性を確認するための物理試験と強度や透水性などの力学特性を確認する力学試験の2つがあります。
数多くの試験があり、その試験単体や複数の試験の組合わせで必要な試験結果を得ることができます。
当社では、様々な土質試験を行っていますが特に実施数が多い3つの試験をご紹介します。

土の粒度試験

土の粒度試験は、地盤材料の粒度を求めることを目的として行う試験です。
試験は、ふるい分析と沈降分析の2種類の方法があります。

粒度とは、土を構成する土粒子の粒径分布状態を全体質量に対する百分率で表したものです。地盤材料の粒度構成を把握するとともに、試験結果を用いて液状化判定や透水係数の把握ができるため様々な地質調査業務で行われている試験です。

ふるい分析

ふるい分析

0.075mm~75mmの試験用網ふるいのふるい目が大きい順に試料を通過させ、各ふるいに残った試料の質量を測定する方法です。

沈降分析

沈降分析

土粒子懸濁液の密度測定による粒度試験を行います。粒径が2mm未満の試料に水を加え、懸濁液とし、これを撹拌・混合して静置し、浮ひょうによって懸濁液の比重を所定時間ごとに測定します。

また、粒径75mmを超える石分を含んだ地盤材料の粒度を求める「石分を含む地盤材料の粒度試験方法」や、粒度を詳細に把握する必要がなく、細粒分の含有率だけが分かればよい場合に行われる「土の細粒分含有率試験方法」などもあります。

土の一軸圧縮試験

土の一軸圧縮試験は、円柱状の自立する供試体を側圧のない状態で圧縮し一軸圧縮強さを求めることを目的として行う試験です。

一軸圧縮試験から得られた値を用いて、粘着力cや変形係数Eなどを推定することができます。
工事で現場発生土を有効活用するために一軸圧縮試験を用いて行う室内配合試験も近年増えています。

一軸圧縮試験
一軸圧縮試験

一軸圧縮試験

供試体の軸ひずみを測定しながら、1分間に供試体高さの1%の圧縮ひずみが生じる速度で載荷を行い荷重を測定していきます。

「側圧のない状態」とは、供試体に対して拘束力が作用しない状態を意味します。一方で「側圧のある状態」で行う試験は、「三軸圧縮試験」です。一軸圧縮試験は、三軸圧縮試験と比べ試験時間が短く簡易に行えるため様々な調査に活用される試験です。

室内配合試験

様々な工事で産出される現場発生土や軟弱な地盤に対し、地盤改良や柱状改良を施工する場合の固化材添加量を決定するための試験です。添加量が異なる供試体を作製し、一軸圧縮強さを求めます。

室内配合試験
供試体作製方法

室内配合試験には、通常、直径5cm、高さ10cmの簡易モールドを使用します。
試料を簡易モールドに3層に分けて投入し、各層毎にモールドをコンクリート床等に打ちつけ、気泡の除去を行ったり、専用のランマーで突固めて作製します(図1)。

土の三軸圧縮試験

土の三軸圧縮試験は、円柱状の供試体を側圧のある状態で圧縮し内部摩擦角φや粘着力cを求めることを目的として行う試験です。

三軸圧縮試験は排水条件や圧密条件などの条件を変えることにより、実際の地盤状況を再現して高い精度の試験結果を得ることができます。様々な用途で使われる地盤材料の強度特性を把握し、設計や現場施工管理に用いられます。

三軸圧縮試験
三軸圧縮試験

三軸圧縮試験

水により、拘束圧を加えていきます。土の供試体が、直接水に触れないよう薄いゴム(ゴムスリーブ)で包んだ状態で試験を行います。

試験一覧

  • 土質試験
  • 岩石試験
  • ●土粒子の密度試験
  • ●土の含水比試験
  • ●土の粒度試験
  • ●細粒分含有率試験
  • ●土の液性限界試験
  • ●土の塑性限界試験
  • ●土の湿潤密度試験
  • ●土の透水試験
  • ●突固めによる土の締固め試験
  • ●土の一軸圧縮試験
  • ●土の三軸圧縮試験
  • ●六価クロム溶出試験
  • ●段階載荷による土の圧密試験
  • ●設計CBR試験
  • ●修正CBR試験
  • ●土のph試験
  • ●土の強熱減量試験
  • ●岩石の促進スレーキング試験
  • ●岩石の吸水膨張試験
  • ●岩石のスレーキング率試験
  • ●圧烈による岩石の引張り強さ試験
  • ●岩石の一軸圧縮試験
  • ●岩石の三軸圧縮試験
※一覧に無い試験もお問い合わせください

確かな技術と実績

エスジーシステムは創業(平成14年)より蓄積された経験、信頼できるベテランスタッフの貢献もあり、全国からの依頼を多数頂いております。

また、当社はボーリング調査及び原位置試験業務、井戸工事、のり面排水ボーリング等の工事も行っており、試験室だけでなく現場経験もあります。

エスジーシステムの調査実績

2016年度

●粒度試験
480
●一軸圧縮試験
478
●配合試験
30
●三軸圧縮試験
49

2017年度

●粒度試験
295
●一軸圧縮試験
503
●配合試験
27
●三軸圧縮試験
43
 

2018年度

●粒度試験
340
●一軸圧縮試験
430
●配合試験
25
●三軸圧縮試験
52
 

お客様へのお約束

お客様のご要望に、確実にお応えします

繁忙期の短納期物件や工事の工程に関わる試験など、緊急性を加味し
お客様のご要望に迅速に対応する試験を実施いたします。

進捗状況を細かく共有いたします!

ボリュームの大きいな試験など時間を要する際は、都度お客様と連絡を取り、進捗を報告、情報を共有いたします。

フレキシブルな対応!

緊急性を要するご要望も最大限に取り入れ、迅速に試験実施いたします。
急な業務にも対応または代案をご提案いたします。

明瞭会計!

たとえば一口に三軸試験といっても『三軸試験』の価格だけではありません。三軸試験をする上で物理試験が必要であったり、試料状態が撹乱試料であれば供試体作成費なども発生します。
試験費をわかりやすく提示いたしますので、予算計画が立てやすくなります。

代表取締役 濱本 昭吾

当たり前を守り続けることで
信頼を積み重ねてまいります。

土質試験データは100%以上も以下もない業務です。
正確なデータを迅速にお届けすることのみです。

データは正確が当たり前、その『当たり前』を守り続けていくことで、信頼を積み重ねてまいります。

有限会社エスジーシステム
代表取締役 濱本 昭吾

対応エリア

日本全国対応

当社に試料郵送可能であれば
現場はどこでもOK!

(鳥取県近郊であれば当社が採取に向かいます。)

価格表

弊社は価格表を公開しています。
調査パターンごとに費用が異なりますので、必要な料金をご確認ください。
ご不明な点は、いつでもお問い合わせください。

  • 価格表PDF価格表PDF

納品までの流れ

お電話または、ホームページからお見積りのご依頼を頂いてから、
納品・お支払いまでの流れをご説明します。

  • お見積り依頼お見積り依頼
  • お見積り提示お見積り提示
  • ご契約ご契約
  • 工事実施資料送付
  • 工事実施試験実行
  • 引き渡しデータ納品
  • 請求書お届け請求書お届け
  • お支払いお支払い

お見積りのご依頼

お電話でお見積り

TEL0857-36-9977

電話対応時間:平日 8:30~17:30

お見積り依頼フォーム

下記項目に記入の上、「送信する」ボタンを押してください。3営業日以内に返信いたします。

は必須です。

会社名・団体名※必須
部署名
担当者名※必須
フリガナ※必須
住所※必須
郵便番号:
都道府県:
郡市区:
町番地:
E-Mail※必須
電話番号(半角)※必須
FAX番号(半角)
ご依頼内容※必須

個人情報保護法に基づく弊社取り扱いポリシーのご案内

このWebページ(お見積依頼フォーム)より当社宛に送信されるお客様の個人情報について、お客様への返信連絡・サービス案内の為の利用目的に特定しお取扱いたします。